イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2012

Junya Ohshiro, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Yuji Imaizumi
Calciumclock in smooth muscle tissues and reconstituted model of pacemakingactivity
The1st HD Physiology International Symposium: Integrative Multi-level
Systems Biology for In silico Cardiology and Pharmacokinetics, 2012.1.21. (Tokyo); P-28

清田恵子、山村寿男、大矢進、今泉祐治
ラット松果体における過分極活性化環状ヌクレオチド依存性チャネル発現解析
85回日本薬理学会年会、 2012314日(京都); O1B2-3-5.

鬼頭宏彰、山崎大樹、大矢進、山村寿男、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞の細胞増殖におけるCRACチャネルの寄与
85回日本薬理学会年会、2012314日(京都); O1C2-5-1.

丸山史登、William C. Cole、石井秀明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
腎動脈結紮高血圧モデルマウスにおける血管径制御機構に対する内向き整流性K+チャネル(Kir2.1)の寄与
85回日本薬理学会年会、2012315日(京都); O2B1-1-1.

大矢進、堀場さゆり、仲村恵梨奈、松井未来、山村寿男、今泉祐治
接触過敏症モデルマウスの耳介リンパ節Tリ ンパ球におけるCa2+活 性化K+チャ ネルKCa3.1の役割
85回日本薬理学会 年会、2012315日(京都);O2B2-1-1.

大城隼也、山村寿男、大矢進、今泉祐治
平滑筋細胞におけるTMEM16 familyの発現とCa2+活 性化Cl-チャ ネル活性
85回日本薬理学会年会、2012315日(京都);O2B2-2-2.

鈴木良明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
BK-Cav1.2複合体形成と血管平滑筋細胞機能に対するカベオラの寄与
85回日本薬理学会年会、2012315日(京都);O2B2-2-3.

丹羽里実、大矢進、小島祥敬、佐々木昌一、山村寿男、櫻木求、郡健二郎、今泉祐治
前立腺肥大モデルラットの移植排尿生殖洞における大コンダクタンスカルシウム活性化カリウムチャネル発現
85回日本薬理学会年会、2012315日(京都);O2B2-3-5.

藤井将人、大矢進、山村寿男、今泉祐治
一発の活動電位発生により細胞死を起こす遺伝子改変導入細胞を用いた電位依存性K+チャ ネルスクリーニング法の開発
85回日本薬理学会 年会、2012315日(京都);O2B2-4-6.

大羽輝弥、澤田英士、鈴木良明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
気管上皮繊維細胞における膜電位と細胞内カルシウム濃度の関係
85回日本薬理学会 年会、2012316日(京都);O3C2-4-3.

今泉祐治【シンポジウム講演】
平滑筋臓器におけるCa2+ク ロックとペースメーキング機能
Calcium clock and pacemaking activity in smooth muscle tissues
89回日本生理学会大会、2012329日(長野);1S6G-2.

松木克仁、竹本将士、山村寿男、大矢進、竹島浩、今泉祐治
マウス子宮平滑筋における妊娠・非妊娠でのCa2+動 員機構にかかわるイオンチャネルの発現と機能
日本薬学会第132年 会、2012330日(札幌);30E20-am11S.

大矢進、福与由香、松井未来、山村寿男、今泉祐治
炎症性大腸炎モデルにおけるTリ ンパ球Ca2+活 性化K+チャ ネル(KCa3.1)の役割
日本薬学会第132年会、2012330日(札幌); 30E20-am13.

藤井将人、大矢進、山村寿男、今泉祐治
細胞死測定を用いた電位依存性カリウムチャネル標的創薬スクリーニング法の開発
日本薬学会第132年会、2012330日(札幌); 30E20-am14S.

鬼頭宏彰、山崎大樹、大矢進、山村寿男、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞のおけるOrai1を介したstore-operated Ca2+ entryの役割
8回TRPチャネル研究会、2012614日(岡崎).

鈴木良明、加藤大樹、竹本将士、松木克仁、山村寿男、大矢進、竹島浩、今泉祐治
血管平滑筋細胞におけるRyR3スプライス変異体の役割
121回日本薬理学会近畿部会、2012629日(徳島); B-7.

山村寿男、大矢進、村木克彦、今泉祐治
血管平滑筋細胞における電位依存的およびCa2+依存的IP3産 生機構
121回日本薬理学 会近畿部会、2012629日(徳島); B-8.

鬼頭宏彰、伊奈山宗典、大矢進、山村寿男、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞におけるCRACチャネルを介した細胞増殖機構の解明
121回日本薬理学 会近畿部会、2012629日(徳島); B-10.

山村寿男、大矢進、村木克彦、今泉祐治
ブタ冠動脈平滑筋細胞におけるIP3シグナルの電位依存性とCa2+依 存性
54回日本平滑筋学会総会、201283日(東京); 04-3.

鈴木良明、丸山史登、服部美波、山村寿男、大矢進、William C.Cole、今泉祐治
腎動脈結紮高血圧モデルマウスにおける内向き整流性K+チャ ネル(Kir2.1)の 機能変化IP3シグナルの電位依存性とCa2+依存性
54回日本平滑筋学会総会、201283日(東京); 04-5.

Munenori Inayama, kenji Funabashi, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Yuji Imaizumi
Functional Coupling between Ca2+-activated K+ Channels and Store Operated Ca2+ Entry Channels in Chondrocytes.
2012 International Ion Channel Conference(IICC), 2012.8.24-27. (Korea); PS1-32

Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Yuji Imaizumi
Caveolin-1 Promotes Functional Coupling Between BK Channel And Cav1.2 And Regulates Excitability In Vascular Smooth Muscle Cells.
2012 International Ion Channel Conference(IICC), 2012.8.24-27. (Korea); PS2-25

伊奈山宗典、鈴木良明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
軟骨細胞の小胞体Ca2+枯渇によるOrai1/STIM1の共局在と機能解析
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム、201291日(神戸); B-2.

大羽輝弥、澤田英士、鈴木良明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
マウス気道上皮繊毛運動の細胞内Ca2+濃度及び膜電位への依存性とK+チャ ネル開口薬の作用
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム、201291日(神戸); B-1.

藤井将人、山村寿男、今泉祐治
長期持続性活動電位を発生する細胞を用いたイオンチャネル創薬における新規スクリーニング系の開発
11回次世代を担う 若手ファーマバイオフォーラム、2012915日(福岡); B08.

清田恵子、山村寿男、大矢 進、今泉祐治
ラット松果体細胞における過分極活性化環状ヌクレオチド依存性チャネルの機能解析
11回次世代を担う 若手ファーマバイオフォーラム、2012916日(福岡); B25.

鈴木良明、山村寿男、大矢進、今泉祐治
軟骨細胞モデル細胞株(OUMS-27)由来の新規BKαスプライスバリアント体の機能解析
122回日本薬理学 会近畿部会、20121116日(大阪); B-8.

鈴木良明、堀田真吾、加藤大樹、竹本将士、松木克仁、山村寿男、大矢進、竹島浩、今泉祐治
平滑筋細胞におけるRyR2及びRyR3の機能解析
平成24年度 生理研研究会「イオンチャネル・トランスポーターと心血管機能:細胞機能の分子機序とその統合的理解」、20121122日(岡崎).

鈴木良明、丸山史登、服部美波、山村寿男、大矢進、William C.Cole、今泉祐治
腎動脈結紮高血圧モデルマウス(2K1Cモデルマウス)由来抵抗血管における内向き整流性K+チャ ネル(Kir2.1)の 機能変化IP3シグナルの電位依存性とCa2+依存性
22回日本循環薬理 学会、20121130日(富山).

大城隼也、山村寿男、大矢進、今泉祐治
門脈平滑筋におけるCacc活性に対するTMEM16Aの寄与
22回日本循環薬理 学会、20121130日(富山); YIA-08.