イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2015

Yoshiaki Suzuki, Munenori Inayama, Satoshi Yamada, Takashi Kurita, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Wayne R. Giles, Yuji Imaizumi
Orai1-Orai2 complex is involved in store-operated calcium entry in chondrocyte cell lines
新学術領域研究「多階層生体機能学」最終報告会、2015年3月4~6日(大阪);P-31.

Takanori Saeki, Takashi Murayama, Junya Ohshiro, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Yuji Imaizumi
Calcium clock in smooth muscle tissues and reconstituted model of interstitial cells of cajal
新学術領域研究「多階層生体機能学」最終報告会、2015年3月4~6日(大阪);P-32.

今泉祐治
新規イオンチャネル作用薬スクリーニング法の開発
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);LS2「イオンチャネル創薬の新展開」

西村歌織、山村寿男、鈴木良明、今泉祐治
ラット松果体細胞においてTMEM16AとTMEM16BはCa2+活性化Cl-チャネル分子として機能する
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);O1G-1-2.

栗田卓、鈴木良明、山村寿男、Wayne R. Giles、今泉祐治
ヒト軟骨細胞において、低浸透圧ストレスはClC-7のチャネル活性の低下を引き起こす
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);O1I-4-3.

安本美貴、山村寿男、鈴木良明、今泉祐治
ウシ脳血管内皮細胞におけるCa2+活性化Cl-チャネルTMEM16Aの機能発現
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);P1-67.

山村寿男、大城隼也、鈴木良明、今泉祐治
マウス門脈のCa2+活性化Cl-チャネルTMEM16Aはアクチン骨格との相互作用で制御される
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);P1-77.

鈴木良明、伊奈山宗典、山田啓史、栗田卓、大矢進、山村寿男、Wayne R. Giles、今泉祐治
軟骨モデル細胞における、Orai1及びOrai2のストア作動性カルシウム流入への関与
第88回日本薬理学会年会、2015年3月18日(名古屋);P1-115.

山田茜、大羽輝弥、徐結苟、鈴木良明、津田洋幸、山村寿男、今泉祐治
多層カーボンナノチューブ(MWCNT)の気道クリアランスへの影響
第88回日本薬理学会年会、2015年3月19日(名古屋);O2H-2-4.

宮本達也、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
K2Pチャネルの新たなヘテロ2量体形成の一分子可視化法による解明
第88回日本薬理学会年会、2015年3月19日(名古屋);O2H-3-5.

鬼頭宏彰、山村寿男、鈴木良明、大矢進、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞におけるストア作動性Ca2+流入と細胞周期制御に対するOrai2チャネルの寄与の解明
第88回日本薬理学会年会、2015年3月19日(名古屋);O2I-3-1.

野田さゆり、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
気管支平滑筋におけるBKγサブユニットによるBKCaチャネル機能制御機構の解明
第88回日本薬理学会年会、2015年3月19日(名古屋);O2I-5-1.

林恵介、藤井将人、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
一発の活動電位発生により細胞死を引き起こす改変遺伝子導入培養細胞系を用いたリガンド依存性イオンチャネル(nAChRα7と5-HT3A)作用薬の新規スクリーニング法の開発
第88回日本薬理学会年会、2015年3月19日(名古屋);P2-108.

鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
ここでしか聞けない!?イオンチャネル1分子蛍光イメージングのコツ
第88回日本薬理学会年会、2015年3月20日(名古屋);WS3C-4.

川崎桂輔、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
平滑筋カルシウムマイクロドメインにおけるmitofusinの生理機能の解明
第88回日本薬理学会年会、2015年3月20日(名古屋);O3I-2-4.

松井未来、仁熊宏樹、柴岡里奈、村岸沙也加、村瀬実希、藤井正徳、奈邉健、大矢進、今泉祐治
炎症性腸疾患モデル腸間膜リンパ節におけるNDPK-B阻害による抗炎症効果
第88回日本薬理学会年会、2015年3月20日(名古屋);P3-112.

佐伯尚紀、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
血管平滑筋細胞におけるJunctophilin-2とcaveolinの相互作用の検討
第88回日本薬理学会年会、2015年3月20日(名古屋);O3H-5-4.

松木克仁 、加藤大樹、竹本将士、堀田真吾、鈴木良明、山村寿男、大矢 進、竹島 浩、今泉祐治
血管平滑筋における3型リアノジン受容体の機能
日本薬学会第135年会、2015年3月26日(神戸);GS01-4.

山村寿男、大城隼也、鈴木良明、今泉祐治
マウス門脈平滑筋細胞に発現する TMEM16A チャネルとアクチン骨格との相互作用
日本薬学会第135年会、2015年3月26日(神戸);26T-pm05.

鈴木良明、伊奈山宗典、山田啓史、栗田卓、大矢進、山村寿男、Wayne R. Giles、今泉祐治
軟骨モデル細胞におけるカルシウム遊離活性化カルシウム(CRAC)チャネルの細胞内カルシウム動態への関与
日本薬学会第135年会、2015年3月26日(神戸);26T-pm06.

鬼頭宏彰、山村寿男、鈴木良明、大矢進、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞の細胞周期進行に対する Orai2 チャネルの寄与の解明
日本薬学会第135年会、2015年3月26日(神戸);26T-pm07.

山田啓史、Regis Azizieh、梅田俊太郎、村本孝博、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
電位依存性 Kv1.3 チャネルに対するホスファチジルイノシトール 4,5 二リン酸の特異的作用の機構解析
日本薬学会第135年会、2015年3月28日(神戸);28PB-pm171.

山村英斗、山村寿男、鈴木良明、浅井清文、今泉祐治
脳血管内皮細胞における低酸素誘発性過分極に対する Kir2.1 の寄与
日本薬学会第135年会、2015年3月28日(神戸);28PB-pm172.

佐伯尚紀、村山尚、鈴木良明、山村寿男、櫻井隆、今泉祐治
3 型リアノジン受容体と Ca2+活性化Cl-チャネルTMEM16Aの共発現HEK293細胞におけるCa2+クロックの電気信号への変換
日本薬学会第135年会、2015年3月28日(神戸);28PB-pm183S.

Satoshi Yamada, Munenori Inayama, Yoshiaki Suzuki, Takashi Kurita, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Wayne R. Giles, Yuji Imaizumi
Orai1-Orai2 complex is involved in store-operated calcium entry in chondrocyte cell line
TRPs and SOCs -Unconventional Ca2+ Physiology-, June 4-5, 2015, Okazaki;P10.

川崎桂輔、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
血管平滑筋におけるmitofusinの カルシウムマイクロドメイン形成への関与
第127回日本薬理学会近畿部会、2015年6月25日(岐阜);A-03.

佐伯尚紀、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
血管平滑筋細胞におけるジャンクトフィリン2によるシグナルドメイン形成への寄与
第127回日本薬理学会近畿部会、2015年6月25日(岐阜);A-09.

鈴木良明、栗田卓、山村寿男、Wayne R. Giles、今泉祐治
軟骨細胞モデルにおけるCl-チャネル(ClC-7)と変形性関節症の関連
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015、2015年7月5日(名古屋); P-136.

野田さゆり、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
気管支平滑筋機能に対する新規Ca2+活性化Kチャネル修飾サブユニットの役割
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム医療薬学フォーラム2015、2015年7月5日(名古屋);P140.

山村寿男、近藤るびい、古川奈美、鈴木良明、今泉祐治
門脈圧亢進症モデルマウスの門脈平滑筋細胞におけるTMEM16Aの発現解析
第57回日本平滑筋学会総会、2015年8月26日(宇部);O2-2.

野田さゆり、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
気管支平滑筋におけるCa2+活性化K+チャネル新規修飾サブユニットの生理機能解明
第57回日本平滑筋学会総会、2015年8月26日 (宇部); YA-9.

佐伯尚紀、鈴木良明、山村寿男、竹島浩、今泉祐治
ジャンクトフィリン2の血管平滑筋Ca2+マイクロドメイン形成への関与と大コンダクタンスCa2+活性化K+チャネルに対する分子修飾の解明
生体機能と創薬シンポジウム2015、2015年8月27日(船橋);P4-2-7.

山村英斗, 鈴木良明, 山村寿男, 浅井清文, 今泉祐治
低酸素刺激による脳血管内皮細胞のCa2+動態変化に対するKir2.1の寄与
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2015. 2015年8月29日(東京);O3-5.

佐伯尚紀、鈴木良明、山村寿男、竹島浩、今泉祐治
血管平滑筋の筋張力制御因子とジャンクトフィリン2の分子間相互作用の解明
生理学研究所研究会2015「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」、2015年10月29日(岡崎);P1.

山村英斗、鈴木良明、山村寿男、浅井清文、今泉祐治
低酸素培養による脳血管内皮細胞のCa2+動態変化に対するKir2.1の寄与
生理学研究所研究会2015「心臓・血管系の包括的な機能統合研究」、2015年10月29日 (岡崎);P2.

野田さゆり、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
気管支平滑筋におけるCa2+活性化K+チャネル新規修飾サブユニット機能の解明
第128回 日本薬理学会近畿部会、2015年11月20日(大阪);A-16.

山村英斗、鈴木良明、山村寿男、浅井清文、今泉祐治
Kir2.1による低酸素培養下での脳血管内皮細胞のCa2+動態制御
第128回 日本薬理学会近畿部会、2015年11月20日 (大阪);B-07.

川崎桂輔、藤井将人、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
イオンチャネル標的創薬のための新規スクリーニング系実用化
第6回スクリーニング学研究会、2015年11月27日(埼玉)

佐伯尚紀、鈴木良明、山村寿男、竹島浩、今泉祐治
血管平滑筋細胞のカベオラ・Ca2+マイクロドメインにおけるジャンクトフィリン2機能の解明
第25回日本循環薬理学会、2015年12月4日(奈良);YIA-3.