イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2018

野田さゆり、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
気管支平滑筋におけるBKCaチャネル修飾サブユニットγ1の生理機能
日本薬学会第138年会、2018年3月26日(金沢);GS01-4.

今泉 祐治
疾患治療標的および創薬標的としてのイオンチャネル分子機能解明 【日本薬学会賞受賞講演】
日本薬学会第138年会、2018年3月27日(金沢);AL03.

稲垣奏、山村寿男、鈴木良明、今泉祐治
血管平滑筋ミトコンドリアのエネルギー産生におけるMitofusin2の機能解析
日本薬学会第138年会、2018年3月28日(金沢);28G-am04S.

山村英斗、鈴木良明、山村寿男、浅井清文、Wayne Giles、今泉祐治
低酸素ストレスは、HIF-1α-Dynamin2-Kir2.1シグナルを介して、脳微小血管内皮細胞の細胞増殖亢進に寄与する。
日本薬学会第138年会、2018年3月28日(金沢);28G-am06S

川﨑桂輔、鈴木良明、山村寿男、今泉祐治
改変遺伝子導入培養細胞系を用いたK2Pチャネル標的作用薬の新規高効率評価方法
日本薬学会第138年会、2018年3月28日(金沢);28M-pm02S

山村寿男、近藤るびい、古川奈美、鈴木良明、今泉祐治
肝硬変由来門脈圧亢進症とCa2+活性化Cl-チャネルTMEM16A
第95回日本生理学会大会、2018年3月30日(高松);3PS-01PM-4

Sayuri Noda, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Yuji Imaizumi.
LRRC26 is functional as an Auxiliary Subunit of Large-Conductance Ca2+-Activated K+ (BK) Channel and regulates BK channel activity in Bronchial Smooth Muscle Cells.
Experimental Biology 2018 (EB2018), Apr. 22, 2018, (San Diego); C220 567.8

Takanori Saeki, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Hiroshi Takeshima, Yuji Imaizumi
Functional molecular complexes of junctophilin-2 and caveolin-1 provide a structural/functional basis for Ca2+-microdomain formation between BKCa channels and RyRs in vascular smooth muscle cells
Experimental Biology 2018 (EB2018), Apr. 22, 2018, (San Diego); A94 581.10

Yoshiaki Suzuki, Susumu Ohya, Hisao Yamamura, Wayne R. Giles, Yuji Imaizumi
Identification of a New Splice Variant of Large-Conductance Ca2+-Activated K+ (BK) Channel α Subunit from Human Chondrocyte.
Experimental Biology 2018 (EB2018), Apr. 23, 2018, (San Diego); A541 750.27

澤井優輝、鈴木良明、今泉祐治、山村寿男
マクロファージにおいてカベオリン 1 は ATP シグナルを制御する
第64回日本薬学会東海支部大会、2018年6月30日(名古屋);B-16S

鈴木貴久、安本美貴、鈴木良明、今泉祐治、山村寿男
脳微小血管内皮細胞における Ca2+活性化 Cl-チャネルTMEM16Aの機能解析
第64回日本薬学会東海支部大会、2018年6月30日(名古屋);C-2S

稲垣奏、鈴木良明、今泉祐治、山村寿男
Mitofusin2 はラット⼤動脈平滑筋細胞の増殖亢進に寄与する
第64回日本薬学会東海支部大会、2018年6月30日(名古屋);C-3S

Hideto Yamamura, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Kiyofumi Asai, Wayne Giles, Yuji Imaizumi
HIF-1α-dynamin2-Kir2.1 pathway contributes to cell proliferation in brain capillary endothelial cells under hypoxic stress
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), July 2, 2018, (Kyoto); PO1-2-25

Takanori Saeki, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Hiroshi Takeshima, Yuji Imaizumi
Functional molecular complexes of junctophilin-2 and caveolin-1 provide a structural/functional basis for Ca2+-microdomain formation in vascular smooth muscle cells
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), July 4, 2018, (Kyoto); PO3-3-55

Yoshiaki Suzuki, Kanako Tsutsumi, Tatsuya Miyamoto, Hisao Yamamura, Yuji Imaizumi
Heterodimerization of two pore domain K+ channel TASK1 and TALK2 in HEK293 heterologous expression systems
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), July 5, 2018, (Kyoto); PO4-7-17

Hisao Yamamura, Yoshiaki Suzuki, Yuji Imaizumi
Downregulation of Ca2+-activated Cl- channel TMEM16A in cirrhotic portal hypertension
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), July 5, 2018, (Kyoto); SY57-4

Yuji Imaizumi, Katsuhito Matsuki, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Hiroshi Takeshima
Unique functions of ryanodine type3 in vascular and myometrial smooth muscles
18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018), July 5, 2018, (Kyoto);OR26-3

Yuji Imaizumi
Diversity of two pore potassium channels and discovery of selective drugs
WCP2018 Kyoto Satellite Symposia; New Insights into Ion Channel Function and Pharmacology, July 8, 2018, (Kyoto)

鈴木良明、堤香菜子、宮本達也、山村寿男、今泉祐治
TASK1-TALK2ヘテロ2量体形成による薬理学的特性の変化
第13回トランスポーター研究会年会、2018年7月21日(福岡);P-55

山村英斗、鈴木良明、山村寿男、浅井清文、Wayne R. Giles、今泉祐治
低酸素ストレス下脳微小血管内皮細胞の細胞増殖に対するDynamin2-Kir2.1の関与
第13回トランスポーター研究会年会、2018年7月21日(福岡);P-58

鈴木良明、小澤拓海、今泉祐治、山村寿男
カベオラによるカルシウム依存性遺伝子転写の制御
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2018、2018年8月25日(福岡);P-25

小澤 拓海、鈴木 良明、今泉 祐治、山村 寿男
血管平滑筋における興奮-転写連関に対するカベオラの役割
生理学研究所研究会2018「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」
2018年11月1~2日(岡崎);P-9

佐伯 尚紀、鈴木 良明、山村 寿男、竹島 浩、今泉 祐治
血管平滑筋細胞の形質転換に伴うジャンクトフィリンの機能的な役割の変化
生理学研究所研究会2018「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」
2018年11月1~2日(岡崎);P-11

稲垣 奏、鈴木 良明、今泉 祐治、山村 寿男
血管平滑筋細胞においてMitofusin2はミトコンドリア機能維持に寄与する
生理学研究所研究会2018「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」
2018年11月1~2日(岡崎);P-13

鈴木 貴久、安本 美貴、鈴木 良明、今泉 祐治、山村 寿男
脳微小血管内皮細胞におけるTMEM16Aの生理機能への寄与
生理学研究所研究会2018「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」
2018年11月1~2日(岡崎);P-19

山村 英斗、鈴木 良明、山村 寿男、浅井 清文、Giles Wayne、今泉 祐治
低酸素ストレス時の脳微小血管内皮細胞は、HIF-1α-Dynamin2-Kir2.1経路を介して細胞増殖を異常亢進させる
生理学研究所研究会2018「心臓・血管系の頑健性と精緻な制御を支える分子基盤の統合的解明」
2018年11月1~2日(岡崎);P-21

神藤秀基、山村寿男、鈴木良明、今泉祐治
多層カーボンナノチューブ暴露による肺胞マクロファージの細胞死機構
平成30年度厚生労働科学研究費補助金(化学物質リスク研究事業)
「カーボンナノチューブ等の肺、胸腔及び全身臓器における有害性並びに発癌リスクの新規高効率評価手法の開発」班会議
2018年11月22日(名古屋)

Takanori Saeki, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Hiroshi Takeshima, Yuji Imaizumi
Functional molecular complexes of junctophilin-2 and caveolin-1 are essential for Ca2+-microdomain formation between BKCa channels and RyRs in vascular smooth muscle cells.
The 49th NIPS International Symposium Ion channels: looking back, seeing ahead,December 5-8, 2018, (Okazaki); P-44

Sayuri Noda, Yoshiaki Suzuki, Hisao Yamamura, Yuji Imaizumi
Essential roles of the auxiliary γ-subunit of large-conductance Ca2+-activated K+ channel in bronchial smooth muscle cells
The 49th NIPS International Symposium Ion channels: looking back, seeing ahead, December 5-8, 2018, (Okazaki); P-45

Sou Inagaki, Yoshiaki Suzuki, Yuji Imaizumi, Hisao Yamamura
Mitofusin2 promotes mitochondrial functions through Ca2+ signals in vascular smooth muscle cells
The 49th NIPS International Symposium Ion channels; looking back, seeing ahead, December 5-8, 2018, (Okazaki); P-46

鈴木良明、小澤拓海、今泉祐治、山村寿男
カベオラを足場としたカルシウム依存性遺伝子転写の制御
第92回日本循環薬理学会、2018年12月7日(東京);B-07

山村英斗、鈴木良明、山村寿男、浅井清文、Wayne R. Giles、今泉祐治
低酸素環境下の脳微小血管内皮細胞におけるDynamin2-Kir2.1機能連関
第28回 日本循環薬理学会、2018年12月7日(東京);YIA-02