イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2005

Susumu Ohya【招待講演】
Cardioprotective effects of estradiol include the activation of large-conductance -activated channels in cardiac mitochondria
Symposium in Memory of Burton Horowitz. 2005. 2. 12. (Long Beech, USA).

Susumu Ohya, Yukiko Kuwata, Kazuho Sakamoto, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Large-conductance -activated channel 1 subunit in cardiac mitochondria and effects of its activation by 17-estradiol
Biophysical Society -47th Annual Meeting-. 2005. 2. 15. (Long Beech, USA).

Kazuho Sakamoto, Taro Nonomura, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Tomohiko Ohwada, Yuji Imaizumi
Cardioprotective effects of 12,14-dichrolodehydroabietic acid
Biophysical Society -47th Annual Meeting-. 2005. 2. 15. (Long Beech, USA).

今泉祐治,大矢 進,坂本多穂,桑田有紀子,村木克彦
心筋ミトコンドリア依存性チャネルの性質・機能と作用薬
2004年度生理研究所研究会.2005年3月9日(岡崎).

堀田真吾,森村浩三,大矢 進,村木克彦,竹島 浩,今泉祐治
2型リアノジン受容体(RyR2)異型接合型ノックアウトマウスを用いた平滑筋興奮収縮連関におけるRyR2の機能解析
第78回日本薬理学会年会.2005年3月22日(横浜).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
新規BKチャネル開口薬による虚血心筋保護機構
第78回日本薬理学会年会.2005年3月22日(横浜).

大野晃稔,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
テストステロンによる輸精管平滑筋における大コンダクタンス活性化チャ ネルの発現制御
第78回日本薬理学会年会.2005年3月23日(横浜).

木村泰介,後藤隆代,堀田真吾,大矢 進,村木克彦,S. R. Wayne Chen,今泉祐治
リアノジン受容体と活性化チャネル共発現系の機能解析によるペースメーカーモデルの構築
第78回日本薬理学会年会.2005年3月23日(横浜).

森村浩三,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
マウス膀胱平滑筋興奮収縮連関における細胞内局所動態および伝 播機構
第78回日本薬理学会年会.2005年3月23日(横浜).

大矢 進,桑田有紀子,坂本多穂,村木克彦,今泉祐治
心筋ミトコンドリアにおける大コンダクタンス活性化チャネル1 サブユニットの役割とエストラジオールによる心筋細胞保護作用
第78回日本薬理学会年会.2005年3月24日(横浜).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
ウシ脳血管内皮不死化細胞(t-BBEC 117)において小コンダクタンス活性化チャ ネル(SK2) のノックダウンは細胞内濃度制御における正帰還機構を抑制する
第78回日本薬理学会年会.2005年3月24日(横浜).

加藤香織,森村浩三,堀田真吾,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
胚性腫瘍細胞(P19CL6)の心筋分化に伴う電位依存性チャネルとリアノジン受容体の発現変化
日本薬学会第125年会.2005年3月30日(東京).

大矢 進,桑田有紀子,坂本多穂,村木克彦,今泉祐治
心筋ミトコンドリアにおける大コンダクタンス活性化チャネル1 サブユニットの役割
日本薬学会第125年会.2005年3月30日(東京).

大野晃稔,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
輸精管平滑筋における活性化チャネル発現はテストステロンにより制御されている
日本薬学会第125年会.2005年3月30日(東京).

Yuji Imaizumi, Daiju Yamazaki, Mineyoshi Aoyama, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kiyofumi Asai
Novel mechanism for enhancement of response to ATP in bovine brain capillary endothelial cells
The 35th Congress of the International Union of Physiological Sciences (IUPS).
2005. 4. 3. (San Diego, USA).

堀田真吾,森村浩三,大矢 進,村木克彦,竹島 浩,今泉祐治
2型リアノジン受容体異型接合型欠損マウス膀胱平滑筋における動態の変化
第82回日本生理学会年会.2005年5月18日(仙台).

大野晃稔,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
去勢ラット精管平滑筋におけるチャネル発現変化
第107回日本薬理学会近畿部会.2005年6月24日(金沢).

田中良一,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ラット大動脈初代培養平滑筋細胞におけるEDG受容体の発現変化
第107回日本薬理学会近畿部会.2005年6月24日(金沢).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
新規大コンダクタンス活性化チャネル開口薬による虚血心筋保護機構の解明
平成17年度日本薬学会東海支部会例会.2005年7月2日(岐阜).

田中良一,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ラット大動脈平滑筋細胞に対するEDG受容体活性化薬の効果とEDG受容体の発現変化
第47回日本平滑筋学会総会.2005年7月7日(仙台).

村木克彦,大矢 進,今泉祐治【シンポジウム】
脂質メディエーターによる血管の機能調節と臨床応用
第47回日本平滑筋学会総会.2005年7月8日(仙台).

堀田真吾,森村浩三,大矢 進,村木克彦,竹島 浩,今泉祐治
膀胱平滑筋収縮時におけるRyR2機能の重要性
第47回日本平滑筋学会総会.2005年7月8日(仙台).

Yuji Imaizumi, Daiju Yamazaki, Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kiyofumi Asai
Physiological roles of TRP channels and functional coupling with SK channels in brain capillary endothelial cells
第1回TRPチャネル研究会.2005年7月14日(岡崎).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
ウシ脳血管内皮細胞におけるSOCの特性
第28回日本神経科学大会.2005年7月28日(横浜).

山村寿男,鵜川眞也,植田高史,長尾正崇,島田昌一
ヒト上皮型チャ ネルのサ ブユニットはカプサゼピンによって活性化する
第28回日本神経科学大会.2005年7月28日(横浜).

Susumu Ohya, Kazuho Sakamoto, Yukiko Kuwata, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Large-conductance -activated channel 1 subunit in cardiac mitochondria and cardioprotective effects of BK channel openers
US-Japan Conference on Drug Development & Rational Drug Design.
2005. 8. 2. (Los Angels, USA).

Akitoshi Ohno, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Testosterone regulation of large-conductance -activated channel expression in rat vas deferens smooth muscle cells
US-Japan Conference on Drug Development & Rational Drug Design.
2005. 8. 2. (Los Angels, USA).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮細胞におけるATPによる新規増幅機構の解明
生理学研究所研究会「生理機能制御および病態におけるプリン作動性シグナリングの役割とその分子機構」.
2005年9月2日(岡崎)

Shingo Hotta, Kozo Morimura, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Hiroshi Takeshima, Yuji Imaizumi
Physiological functions of ryanodine receptor type 2 (RyR2) at resting state and during excitation-contraction coupling in urinary bladder smooth muscle
University of Oxford Meeting on Ion channels, genes and regulation in smooth muscle.
2005. 9. 5. (Oxford. UK).

Yuji Imaizumi【招待講演】
Two step mechanism of induced release in excitation-contraction coupling
University of Oxford Meeting on Ion channels, genes and regulation in smooth muscle.
2005. 9. 6. (Oxford. UK).

堀 優子,加藤香織,小川明日香,森村浩三,堀田真吾,山村寿男,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
P19CL6胚性腫瘍細胞における心筋分化に伴う細胞内シグナル制御機構の変化
生体機能と創薬シンポジウム2005.2005年9月8日(広島).

木村泰介,山村寿男,山田亜紀,後藤隆代,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
消化管ペースメーカー細胞モデルの構築−リアノジン受容体と活性化チャ ネルの共発現系を用いて−
生体機能と創薬シンポジウム2005.2005年9月8日(広島).

大矢 進,坂本多穂,桑田有紀子,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
心筋ミトコンドリアにおけるBKチャネル1サブユニットの発現とBKチャネル開口薬による心筋細胞保護作用
生体機能と創薬シンポジウム2005.2005年9月8日(広島).

Daiju Yamazaki, Mineyoshi Aoyama, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kiyofumi Asai, Yuji Imaizumi
Two types of channel regulate cell proliferation and damage in bovine brain capillary endothelial cells
Neuroscience 2005 -SfN 35th Annual Meeting-. 2005. 11. 16. (Washington DC, USA).

森村浩三,大矢 進,山村寿男,村上 学,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウスにおける平滑筋での中コンダクタンス活 性化チャ ネルの発現変化
平成17年度日本薬学会東海支部例会.2005年12月3日(名古屋).