イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2001

村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞に対するスフィンゴシン-1-リン酸の効果とその作用機序
第30回日本心脈管作動物質学会.2001年2月3日(大阪).

今泉祐治,山田亜紀,大矢 進,山村寿男,村木克彦【シンポジウム】
イオンチャネル作用薬開発における高効率アッセイ法の展開
第74回日本薬理学会年会.2001年3月21日(横浜).

村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞におけるスフィンゴシン1リン酸による非選択性陽イオンチャネルの活性化機構について
第74回日本薬理学会年会.2001年3月21日(横浜).

高井伸彦,山田亜紀,村木克彦,今泉祐治
ラット頚動脈平滑筋細胞における依存性細胞内濃度上昇に対するKB-R7943の抑制効果
第74回日本薬理学会年会.2001年3月21日(横浜).

大矢 進,諸橋雄一,鈴木谷枝子,村木克彦,富田泰輔,渡邉 稔,岩坪 威,今泉祐治
チャネル結合タンパク質(KChIP2)スプライスバリアントの クローニングと発現分布
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

波多野紀行,奥 琢磨,大矢 進,村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
HEK293細胞に発現させたKv4.2、Kv4.3L電流に対するNicardipineの阻害作用
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

朝倉圭一,大矢 進,渡邉 稔,今泉祐治
ラット胃体部及び胃底部平滑筋細胞における電位依存性チャネルの 機能解析及び分子同定
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

山田亜紀,大矢 進,我謝徳一,村木克彦,今泉祐治
膜電位感受性蛍光色素およびHEK293細胞を用いたBKチャネル作用薬の評価
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

我謝徳一,山田亜紀,S. R. Wayne Chen,大矢 進,村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
HEK293細胞における大コンダクタンス依存性チャネル及びタイプ2リアノジン受容体の再構築
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

大井義明,山村寿男,渡邉 稔,今泉祐治
モルモット輸精管平滑筋における細胞内セシウムイオンのカルシウムトランジェント増強作用
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

山村寿男,大井義明,坂本多穂,村木克彦,今泉祐治
モルモット膀胱単離平滑筋細胞の脱分極時におけるミトコンドリア画像解析
第74回日本薬理学会年会.2001年3月22日(横浜).

近藤絢子,伊藤千代,古田みちの,大矢 進,村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
エンドトキシン誘発性眼炎症のおけるiNOS由来NOのラット虹彩括約筋に対する影響
第74回日本薬理学会年会.2001年3月23日(横浜).

村木克彦,渡邉 稔,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞のスフィンゴシン1リン酸に対する反応とその作用機序
日本薬学会第121年会.2001年3月29日(札幌).

波多野紀行,大矢 進,奥 琢磨,渡邉 稔,今泉祐治
電位依存性チャネル、Kv4.3における細胞内C末端領域欠損変 異体の機能解析
日本薬学会第121年会.2001年3月29日(札幌).

今泉祐治【シンポジウム】
カルシウムスパークによるイオンチャネル活性制御機構とその生理機能
−平滑筋細胞及びリアノジン受容体を発現させた培養細胞での検討−
第78回日本生理学会大会.2001年3月29日(京都).

山村寿男,村木克彦,坂本多穂,今泉祐治
モルモット膀胱単離平滑筋細胞における細胞質上昇時のミトコ ンドリア取り込み機能
第78回日本生理学会大会.2001年3月29日(京都).

波多野紀行,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
HEK293細胞におけるGFP融合Kv4.3チャネルの機能解析と細胞内局在
第99回日本薬理学会近畿部会.2001年6月22日(大阪).

村木克彦,渡辺 稔,今泉祐治
内皮細胞においてスフィンゴシン1リン酸によって活性化される流 入経路と容量性流入機構の関係
第99回日本薬理学会近畿部会.2001年6月22日(大阪).

今泉祐治【ワークショップ】
リアノジン受容体及びイノシトール1,4,5三リン酸受容体を介した細胞内局所遊 離によるイオンチャネル活性制御
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

村木克彦,大矢 進,今泉祐治【シンポジウム】
脂質メディエータと流入機構:細胞増殖を制御する機能分子群 としての働き
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

山村寿男,坂本多穂,村木克彦,今泉祐治
モルモット膀胱単離平滑筋細胞を用いた脱分極時のミトコンドリア画 像解析
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

今泉祐治,大矢 進,山村寿男,稲吉 温,村木克彦,渡辺 稔
ブタ冠動脈平滑筋細胞の遅延整流性電流と非選択的Class III抗不整脈薬Nifekalantの作用
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

村木克彦,高井伸彦,伊藤智洋,山田亜紀,今泉祐治
血管平滑筋で観察された外液除去誘発細胞内濃度上昇とKB-R7943の効果について
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

鈴木谷枝子,大矢 進,波多野紀行,奥 琢磨,今泉祐治
ラット輸精管平滑筋における早期不活性化チャネル構成サブユニッ トの分子同定と機能解析
第43回日本平滑筋学会総会.2001年7月19日(福岡).

Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
A Novel Function of Sphingosine-1-Phosphate to Activate a Non-Selective Cation Channel in Human Endothelial Cells
US-Japan Conference on Drug Development and Rational Drug Therapy.
2001. 8. 6. (Tokyo, Japan).

Yuji Imaizumi, Aki Yamada, Norikazu Gaja, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Hiroshi Narita, Tomohiko Ohwada
Usefulness and Limitation of , A Voltage-Sensitive Fluorescent Dye, for the Measurement of Membrane Potentials Regulated by Recombinant BK Channels in HEK293 Cells
US-Japan Conference on Drug Development and Rational Drug Therapy.
2001. 8. 6. (Tokyo, Japan).

Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
A novel function of sphingosine-1-phosphate to activate a non-selective cation channel in human endothelial cells.
XXXIV International Congress of Physiological Sciences. 2001. 8. 27. (Christchurch, New Zealand).

今泉祐治,波多野紀行,大矢 進,奥 琢磨,村木克彦
N末にGFPを融合したKv4.3Lサブタイプチャネルと修飾因 子KChIP1の機能的連関
第24回日本神経科学学会.2001年9月26日(京都).

今泉祐治【シンポジウム】
循環器及び他の臓器疾患治療におけるチャネル作用薬の新たな可能 性について
第29回薬物活性シンポジウム「成人病とゲノム研究の最前線」.2001年11月1日(仙台).

村木克彦,今泉祐治
長鎖脂質誘発血管内皮細胞障害及びその発生機構
第29回薬物活性シンポジウム「成人病とゲノム研究の最前線」.2001年11月1日(仙台).

Yuichi Morohashi, Noriyuki Hatano, Susumu Ohya, Tomonari Watabiki, Nobumasa Takasugi, Y. Takahashi, Taisuke Tomita, Yuji Imaizumi, Takeshi Iwatsubo
Molecular cloning and characterization of CALP/KChIP4, a novel EF-hand protein interacting with Presenilin2
Neuroscience -31st Annual Meeting-. 2001. 11. 13. (San Diego, USA).

堀田 彩,山田亜紀,坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
膜電位感受性色素を用いたBKチャネル開口物質の探索
第100回日本薬理学会近畿部会.2001年11月17日(大阪).

坂本多穂,山田亜紀,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
ピマル酸によるBKチャネル開口作用の解析
第100回日本薬理学会近畿部会.2001年11月17日(大阪).

今泉祐治,山田亜紀,坂本多穂,掘田 彩,大矢 進,村木克彦,大和田智彦
大コンダクタンス activated channel 開口作用を発揮する基本構造の検索
第21回メディシナルケミストリーシンポジウム.2001年11月28日(京都).

今泉祐治,坂本多穂,山田亜紀,堀田 彩,大矢 進,村木克彦,大和田智彦
大コンダクタンス依存性チャネル開口物質の探索と電気生理学的解析
第11回循環薬理学会.2001年11月30日(つくば).