イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2006

Akitoshi Ohno, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Testosterone regulates the large-conductance -activated channel expression in rat vas deferens smooth muscle cells
Biophysical Society -48th Annual Meeting-. 2006. 2. 19. (Salt Lake City, USA).

Hisao Yamamura, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Involvement of formation in voltage-dependent regulation of concentration in coronary arterial smooth muscle cells
Biophysical Society -48th Annual Meeting-. 2006. 2. 22. (Salt Lake City, USA).

堀田真吾,森村浩三,大矢 進,村木克彦,竹島 浩,今泉祐治
膀胱平滑筋における2型リアノジン受容体を介した動態の解明
第79回日本薬理学会年会.2006年3月8日(横浜).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
ウシ脳血管内皮細胞において内向き整流性チャネルは細胞死を制御する
第79回日本薬理学会年会.2006年3月8日(横浜).

田中良一,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ラット大動脈平滑筋細胞における細胞内濃度と膜電流へのTrpV4活性化薬である4-phorbol 12,13-didecanoateの影響
第79回日本薬理学会年会.2006年3月9日(横浜).

森村浩三,大矢 進,山村寿男,村上 学,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウスの平滑筋における中コンダクタンス活 性化チャ ネルの発現低下
第79回日本薬理学会年会.2006年3月10日(横浜).

大野晃稔,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
去勢ラット精管平滑筋における大コンダクタンス活性化チャネル減少の自発収縮への影響
第79回日本薬理学会年会.2006年3月10日(横浜).

森本 岳,大矢 進,林 秀敏,村木克彦,小野嵜菊夫,今泉祐治
Jurkat細胞における小コンダクタンス活性化チャネルの細胞周期に伴う機能調節
第79回日本薬理学会年会.2006年3月10日(横浜).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ピマル酸による電位依存性チャネルの制御と結合領域の推定
第79回日本薬理学会年会.2006年3月10日(横浜).

山村寿男,板津直美,松岡陽子,大矢 進,今泉祐治
ヒトHCN3チャネルのpH感受性
第79回日本薬理学会年会.2006年3月10日(横浜).

山村寿男,板津直美,松岡陽子,大矢 進,今泉祐治
ヒトHCN3チャネルの酸性pHによる活性化
日本薬学会第126年会.2006年3月28日(仙台).

柳 文乃,丹羽里美,山村寿男,大矢 進,今泉祐治
中コンダクタンス活性化チャネルにおける開口薬結合部位の同定
日本薬学会第126年会.2006年3月29日(仙台).

大矢 進【学術奨励賞受賞講演】
チャ ネルとその機能制御因子の分子薬理学的研究
日本薬学会第126年会.2006年3月30日(仙台).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
ピマル酸による電位依存性チャネル開口作用と結合部位の探索
日本薬学会第126年会.2006年3月30日(仙台).

今泉祐治【招待講演】
イオンチャネル作用薬の創薬 〜イメージングによるハイスループットスクリーニング〜
臨床応用を目指した産学連携セミナー「分子細胞イメージングと疾患・創薬研究」
2006年5月11日(東京)

大野晃稔,大矢 進,山村寿男,今泉祐治
フルタミドによる精管平滑筋チャネル機能変化
第109回日本薬理学会近畿部会.2006年6月16日(倉敷).

村田秀道,山村寿男,大矢 進,岩本隆宏,今泉祐治
マウス大動脈平滑筋細胞における/交換輸送体の電気生理学的解析
第109回日本薬理学会近畿部会.2006年6月16日(倉敷).

Yuji Imaizumi【招待講演】
Sarcoplasmic reticulum and membrane events in smooth muscle cells
IUPHAR -15th World Congress of Pharmacology-. 2006. 7. 4. (Beijing, China).

Daiju Yamazaki, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kiyofumi Asai, Yuji Imaizumi
Two different types of channels regulated cell proliferation and cell death in bovine brain endothelial cells
IUPHAR -15th World Congress of Pharmacology-. 2006. 7. 4. (Beijing, China).

Shingo Hotta, Kozo Morimura, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Hiroshi Takeshima, Yuji Imaizumi
The contribution of ryanodine receptor type 2 to E-C coupling and the regulation of resting tone in urinary bladder myocytes
IUPHAR -15th World Congress of Pharmacology-. 2006. 7. 6. (Beijing, China).

堀田真吾,村田秀道,山村寿男,大矢 進,岩本隆宏,今泉祐治
/交 換輸送体(NCX)過剰発現膀胱平滑筋における生理機能変化
第48回日本平滑筋学会総会.2006年7月20(岡山).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮細胞において内向き整流性チャネル(Kir2.1)の活性化により生じる過剰な過分極は細胞死を引き起こす
生体機能と創薬シンポジウム.2006年9月8-9日(福岡).

村田秀道,山村寿男,大矢 進,岩本隆宏,今泉祐治
マウス大動脈平滑筋細胞における/交換輸送体の機能解析
生体機能と創薬シンポジウム.2006年9月8-9日(福岡).

大矢 進,大野晃稔,丹羽里実,伊藤克倫,村木克彦,今泉祐治
男性ホルモンによる精管平滑筋チャネル発現調節
第34回薬物活性シンポジウム.2006年9月29日(高崎).

大矢 進,大野晃稔,今泉祐治
ラット精管平滑筋におけるテストステロンによる電位依存性チャネル発現
第110回日本薬理学会近畿部会.2006年11月10日(京都).

森本 岳,坂本多穂,左手寛子,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
新規大コンダクタンス活性化チャネル開口薬の薬理学的解析と創薬への応用
第110回日本薬理学会近畿部会.2006年11月10日(京都).

村田秀道,山村寿男,大矢 進,岩本隆宏,今泉祐治
血管平滑筋における/交換輸送体の生理的意義の解明
第16回循環薬理学会.2006年12月1日(東京).

堀田真吾,山村寿男,大矢 進,今泉祐治
methyl-β-cyclodextrinの膀胱平滑筋におけるCICR機構への影響
平成18年度日本薬学会東海支部例会.2006年12月2日(名古屋).

森本 岳,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
BKチャネルに対するオキソノール系化合物の構造と活性について
平成18年度日本薬学会東海支部例会.2006年12月2日(名古屋).

大野晃稔,大矢 進,山村寿男,今泉祐治
抗アンドロゲン剤の精管平滑筋チャネル活性への影響
平成18年度日本薬学会東海支部例会.2006年12月2日(名古屋).

今泉祐治,村田秀道,堀田真吾,山村寿男,大矢 進,岩本隆宏
マウス大動脈平滑筋細胞における/交換輸送体の電気生理学的解析
生理学研究所「イオンチャンネル・トランスポーターと心血管機能:最近の知見と今後の展開」.2006年12月2日(岡崎).