イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2003

Yuji Imaizumi, Kazuho Sakamoto, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Taro Nonomura, Tomohiko Ohwada
BK channel opening properties of pimarane compounds and their channel selectivity
Biophysical Society -47th Annual Meeting-. 2003. 3. 2. (San Antonio, USA) .

村木克彦,伊藤智洋,大矢 進,今泉祐治
ラット柔膜下血管におけるEdg受容体の細胞培養による発現誘導
第75回日本薬理学会年会.2003年3月24日(福岡).

今泉祐治,大矢 進,森本 岳,村木克彦【シンポジウム】
非興奮性細胞の増殖・死とカリウムチャネル及び関連薬の薬理
第75回日本薬理学会年会.2003年3月25日(福岡).

山村寿男,鵜川眞也,植田高史,村木克彦,今泉祐治,島田昌一
ヒト三叉神経節から単離した上皮型チャネルのサブユニット
第75回日本薬理学会年会.2003年3月25日(福岡).

伊藤智洋,村木克彦,大矢 進,今泉祐治
ヒト臍帯静脈内皮細胞における低浸透圧誘起性細胞内カルシウム濃度上昇の機序
第75回日本薬理学会年会.2003年3月25日(福岡).

大矢 進,Gerard P. Sergeant,Iain A. Greenwood,Burton Horowitz
マウス門脈平滑筋細胞におけるKCNQ1バリアントのクローニングと機能解析
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

後藤隆代,山田亜紀,坂本多穂,S. R. Wayne Chen,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
HEK293細胞における3型リアノジン受容体と感受性チャ ネルの共発現
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

波多野紀行,大矢 進,村木克彦,Robert B. Clark,Wayne R. Giles,今泉祐治
Kv4サブファミリーにおける電位依存性は細胞内C末端領域に存在する2つのアルギニンが調節する
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

森村浩三,村上 学,山村寿男,大矢 進,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウス膀胱平滑筋細胞における動 態解析
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

喜吉英和,橘川美香,齋藤真也,大矢 進,村木克彦,大泉 康,今泉祐治
正常血圧ラット及び高血圧発症ラット (SHR) 大動脈平滑筋細胞での酸性pH誘起性脱分極におけるTASK (TWIK-related Acid-Sensitive channel) 関与の可能性
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

堀田 彩,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
一過性にイオンチャネルを発現させたHEK293細胞における電位感受性色素を用いた膜電位測定
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

坂本多穂,野々村太郎,堀田 彩,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
アビエタン型化合物によるBKチャネル開口作用の解析
第75回日本薬理学会年会.2003年3月26日(福岡).

今泉祐治,波多野紀行,大矢 進,村木克彦,Robert B. Clark,Wayne R. Giles
早期不活性化型チャネル、Kv4サブファミリーの新たな電位依存性調節機構
日本薬学会第123年会.2003年3月27日(長崎).

山村寿男,鵜川眞也,植田高史,村木克彦,今泉祐治,島田昌一
ヒト三叉神経節における上皮型チャネルサブユニットの発現
日本薬学会第123年会.2003年3月27日(長崎).

大矢 進,森本 岳,今泉祐治
ヒトT細胞白血病細胞株に発現するチャネルと細胞増殖における役割
日本薬学会第123年会.2003年3月27日(長崎).

伊藤智洋,村木克彦,大矢 進,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞における低浸透圧刺激誘発の細胞内濃度上昇
日本薬学会第123年会.2003年3月27日(長崎).

野々村太郎,坂本多穂,堀田 彩,大矢 進,村木克彦,今泉祐治,大和田智彦
アビエチン酸誘導体の高コンダクタンス依存性チャネル開口作用
日本薬学会第123年会.2003年3月27日(長崎).

森本 岳,大矢 進,林 秀敏,村木克彦,小野嵜菊夫,今泉祐治
Jurkat細胞における活性化チャネルの細胞周期に伴う発現変化と開口薬の細胞増殖抑制作用
第103回日本薬理学会近畿部会.2003年5月22日(福井).

坂本多穂,野々村太郎,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
樹脂酸誘導体による大コンダクタンス活性化チャネル開口作用の検討
第103回日本薬理学会近畿部会.2003年5月22日(福井).

Katsuhiko Muraki, Tomohiro Ito, Susumu Ohya, Yuji Imaizumi
Expression of Edg receptors by cell-cultivation in rat vasculature
The 4th International Symposium on Receptor Mechanisms, Signal Transduction and Drug Effects.
2003. 5. 23. (Fukui, Japan).

大矢 進
チャ ネルと疾患
第70回薬学談話会(名古屋市立大学).2003年6月11日(名古屋).

波多野紀行,大矢 進,村木克彦,Wayne R. Giles,今泉祐治
ジヒドロピリジン化合物による早期不活性化チャネル活性の抑制
第45回日本平滑筋学会総会.2003年7月17日(富士吉田).

森村浩三,山村寿男,村上 学,大矢 進,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネルβ3サブユニット欠損による膀胱平滑筋興奮時の細胞内動 態変化の解析
第45回日本平滑筋学会総会.2003年7月17日(富士吉田).

大矢 進,Gerard P. Sergeant,Iain A. Greenwood,Burton Horowitz
マウス門脈平滑筋に発現するKCNQチャネルの同定と機能解析
第45回日本平滑筋学会総会.2003年7月17日(富士吉田).

山村寿男,鵜川眞也,植田高史,村木克彦,長尾正崇,今泉祐治,島田昌一
ヒト三叉神経節に発現した上皮型チャネルサブユニットの機能解析
第26回日本神経科学大会.2003年7月23日(名古屋).

今泉祐治,波多野紀行,大矢 進,村木克彦,Robert B. Clark,Wayne R. Giles
Kv4チャネルC末端アミノ酸による電位依存性制御の分子機構
第26回日本神経科学大会.2003年7月23日(名古屋).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,野々村太郎,大和田智彦,今泉祐治
新規ピマラン誘導体のBKチャネル開口作用
第26回日本神経科学大会.2003年7月23日(名古屋).

大矢 進,村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
ラット脳血管において細胞培養はEdg受容体の発現を誘導する
第26回日本神経科学大会.2003年7月24日(名古屋).

今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウスの平滑筋における動 態
2003年度生理研究所研究会「生体の恒常性と細胞の生存・増殖・死を制御するイオン機構と細胞機能」.
2003年8月12日(岡崎).

Yuji Imaizumi, Aya Hotta, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Yoshitaro Nakano
New assay technology of ion channel modulators by membrane potential measurement from cell colonies in transient expression systems with voltage-sensitive dye and automated image analyses
2003 SBS Annual Conference. 2003. 9. 21. (Portland, USA).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮細胞におけるイオンチャネル及び受容体の発現・分布とその機能
高次脳機能障害シンポジウム.2003年9月27日(札幌).

Yuji Imaizumi
Molecular subcomponents regulation release through ryanodine receptor in salcoplasmic reticulum in urinary bladder smooth muscle cells from mice
Second Kiev symposium. 2003. 10. 29. (Kiev, Ukraine).

山村寿男,森村浩三,今泉祐治
細胞内局所小胞体からの遊離と近傍ミトコンドリア機能相関−単離膀胱平滑筋細胞における画像解析−
第12回日本バイオイメージング学会学術集会.2003年10月30日(東京).

山崎大樹,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮細胞における小コンダクタンス活性化チャネル (SK2) の機能解析
第104回日本薬理学会近畿部会.2003年11月7日(大阪).

森村浩三,山村寿男,村上 学,大矢 進,布木和夫,村木克彦,柳沢輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウス膀胱平滑筋細胞における興奮収縮連関
ファーマ・バイオフォーラム2003.2003年11月15日(京都).

坂本多穂,野々村太郎,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
樹脂酸誘導体による大コンダクタンス活性化チャネル開口作用の発見と創薬への可能性の検討
ファーマ・バイオフォーラム2003.2003年11月15日(京都).

村木克彦,岩田裕子,片野坂有紀,伊藤智洋,大矢 進,重川宗一,今泉祐治
バニロイド受容体型カチオンチャネル:心血管組織における伸展受容器としての可能性
2003年度生理研究所研究会「心血管イオンチャネルの病態に関する新たな展開-ゲノミクスからプロテオミクスへ」.2003年11月25日(岡崎).

村木克彦,岩田裕子,片野坂有紀,伊藤智洋,大矢 進,重川宗一,今泉祐治
マウス血管平滑筋細胞におけるバニロイド受容体の発現およびその機能
第13回日本循環薬理学会.2003年12月5日(大阪).