イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2002

村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞におけるスフィンゴシン1リン酸活性化非選択性陽イオンチャネルの性質
第31回日本心脈管作動物質学会.2002年2月2日(東京).

Susumu Ohya, Burton Horowitz, Iain A. Greenwood
Electrophysiological and molecular identification of ERG channels in murine vascular myocytes
Biophysical Society -46th Annual Meeting-. 2002. 2. 25. (San Francisco, USA).

波多野紀行,大矢 進,今泉祐治【年会優秀賞】
電位依存性 チャネル、Kv4.3 における細胞内C末端領域欠損変異体の機能解析
第75回日本薬理学会年会.2002年3月14日(熊本).

坂本多穂,山田亜紀,堀田 彩,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
樹脂由来の新規大コンダクタンス依存性チャネル開口薬
第75回日本薬理学会年会.2002年3月14日(熊本).

今泉祐治,山村寿男,村木克彦
ブタ冠動脈単離平滑筋細胞における脱分極時の細胞内動態のに よる制御
第75回日本薬理学会年会.2002年3月14日(熊本).

山村寿男,村木克彦,今泉祐治
モルモット膀胱単離平滑筋細胞における脱分極時のミトコンドリアの取り込み機能の生理的意義
第75回日本薬理学会年会.2002年3月14日(熊本).

後藤隆代,山田亜紀,S. R. Wayne Chen,大矢 進,村木克彦,今泉祐治【ワークショップ】
3型リアノジン受容体発現HEK293 細胞における3型リアノジン受容体と受容体との機能的相関
第75回日本薬理学会年会.2002年3月15日(熊本).

村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
ヒト血管内皮細胞におけるスフィンゴシン1リン酸活性化非選択性陽イオンチャネルの性質
第75回日本薬理学会年会.2002年3月15日(熊本).

波多野紀行,大矢 進,今泉祐治
電位依存性チャ ネル、Kv4.3不活性化機構における細胞内C末端領域の役割
日本薬学会第122年会.2002年3月26日(千葉).

坂本多穂,山田亜紀,堀田 彩,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
大コンダクタンス依存性チャネル開口作用を発揮する基本構造の検索
日本薬学会第122年会.2002年3月26日(千葉).

村木克彦,今泉祐治
非選択性陽イオンチャネルと長鎖脂質誘発の血管内皮細胞障害の関係
日本薬学会第122年会.2002年3月27日(千葉).

今泉祐治【招待講演】
細胞内カルシウム動態で制御されるペースメーカー機構のモデル
第79回日本生理学会大会.2002年3月29日(広島).

山村寿男,村木克彦,今泉祐治
モルモット膀胱単離平滑筋細胞の脱分極時におけるミトコンドリア取り込み機能
第79回日本生理学会大会.2002年3月29日(広島).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
新規BKチャネル開口薬ピマル酸のイオンチャネル選択性の検討
第101回日本薬理学会近畿部会.2002年6月21日(大阪).

村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
マウス大動脈平滑筋細胞における低浸透圧刺激誘発細胞内濃度上昇と内向き電流の活性化
第101回日本薬理学会近畿部会.2002年6月21日(大阪).

Yuji Imaizumi, Kazuho Sakamoto, Aki Yamada, Aya Hotta, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Toyo Kaiya, Masanobu Uchiyama, Tomohiko Ohwada
Molecular basis of pimaran compounds as novel activators of large conductance activated channel -subunit
XIVth World Congress of Pharmacology. 2002. 7. 10. (San Francisco, USA).

Noriyuki Hatano, Susumu Ohya, Yuji Imaizumi
Functional analysis of cytoplasmic C-terminal domain in Kv4.3 channel subtype by use of deletion mutants
XIVth World Congress of Pharmacology. 2002. 7. 10. (San Francisco, USA).

Yuji Imaizumi【招待講演】
Characteristics of membrane currents due to Kv4/KChIPs in smooth muscle and heterologously expressing system.
カルガリー大学医学部 招待講演.2002. 7. 15. (Calgary, Canada).

森村浩三,大矢 進,山村寿男,村上 学,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治【シンポジウム】
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウスにおける中コンダクタンス活 性化チャ ネル発現量の解析
第44回日本平滑筋学会総会.2002年7月18日(仙台).

喜吉英和,橘川美香,齋藤真也,大矢 進,村木克彦,大泉 康,今泉祐治
高血圧発症ラット(SHR)大動脈平滑筋の酸性下での異常収縮機構の電気生理学的検討
第44回日本平滑筋学会総会.2002年7月19日(仙台).

後藤隆代,山田亜紀,我謝徳一,大矢 進,村木克彦,S. R. Wayne Chen,今泉祐治
ペースメーカーモデル細胞再構築の試み:リアノジン受容体及び活性化チャ ネル強制発現HEK293細胞における自発性遊離とイオンチャネル活性制御機構
平成14年度生理研究所研究会.2002年8月1日(岡崎).

森村浩三,山村寿男,村上 学,大矢 進,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
高速操作型共焦点レーザー顕微鏡を用いたマウス膀胱平滑筋の細胞内動態解析
第11回日本バイオイメージング学会学術集会.2002年10月31日(名古屋).

後藤隆代,山田亜紀,坂本多穂,S. R. Wayne Chen,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
再構築系における3型リアノジン受容体の機能解析
第11回日本バイオイメージング学会学術集会.2002年10月31日(名古屋).

村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
脂質メディエータ スフィンゴシン1リン酸のイオンチャネル活性化作用と機能
第24回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム.2002年11月7日(名古屋).

波多野紀行,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
電位依存性チャ ネル、Kv4.3不活性化機構における細胞内C末端領域の寄与
ファーマ・バイオフォーラム2002.2002年11月9日(東京).

村木克彦,伊藤智洋,今泉祐治
脂質メディエーター スフィンゴシン1リン酸の心血管系組織に対する作用
第30回薬物活性シンポジウム.2002年11月14日(福岡).

喜吉英和,橘川美香,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ラット大動脈平滑筋における酸性pH誘起性脱分極に関与するチャネルの検討
第102回日本薬理学会近畿部会.2002年11月15日(岡山).

森村浩三,大矢 進,山村寿男,村上 学,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウス膀胱平滑筋細胞における活 性化チャ ネル発現量の解析
第102回日本薬理学会近畿部会.2002年11月15日(岡山).

今泉祐治,波多野紀行,大矢 進,村木克彦
心筋を 担うKv4 チャネルの不活性化およびKChIPとの機能連関に関わるC末端アミノ酸に関する解析
平成14年度生理研セミナー.2002年11月25日(岡崎).