イオンチャネル

Presentation

1999 / 2000 / 2001 / 2002 / 2003 / 2004 / 2005 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010 / 2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019

2004

Yuji Imaizumi, Kozo Morimura, Hisao Yamamura, Manabu Murakami, Susumu Ohya, Kazuo Nunoki, Katsuhiko Muraki, Teruyuki Yanagisawa
Contribution of voltage dependent channel 3 subunit to the regulation of release and the excitation-contraction coupling in mice urinary bladder smooth muscle
Biophysical Society -47th Annual Meeting-. 2004. 2. 15. (Baltimore, USA).

今泉祐治
依 存性チャ ネル作用薬のハイスループット検索システムの開発
平成15年度創薬等ヒューマンサイエンス総合研究推進事業、研究成果発表会.
2004年3月4日(東京).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
樹脂酸による電位依存性チャネルの活性化
第76回日本薬理学会年会.2004年3月8日(大阪).

森村浩三,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
マウス膀胱平滑筋細胞の興奮性における中コンダクタンス活性化チャ ネルの役割
第76回日本薬理学会年会.2004年3月8日(大阪).

伊藤克倫,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
テストステロンはA型チャネルをコードするKv4.3の発現と機能を制御する
第76回日本薬理学会年会.2004年3月8日(大阪).

左手寛子,村木克彦,大矢 進,今泉祐治
(R)-methanandamideの大コンダクタンス活性化チャ ネル開口作用
第76回日本薬理学会年会.2004年3月8日(大阪).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
ウシ脳血管内皮不死化細胞 (t-BBEC 117) における小コンダクタンス活性化チャ ネルが担う細胞内濃度制御への役割
第76回日本薬理学会年会.2004年3月8日(大阪).

森本 岳,大矢 進,林 秀敏,村木克彦,小野嵜菊夫,今泉祐治
Jurkat細胞における小コンダクタンス活性化チャネルの細胞周期に伴う発現調節
第76回日本薬理学会年会.2004年3月9日(大阪).

古薗信二,大矢 進,井上総一郎,中尾昭公,今泉祐治,中山晋介
Gastrointestinal Stromal Tumors (GIST) 培養細胞の性質
第76回日本薬理学会年会.2004年3月10日(大阪).

山村寿男,鵜川眞也,村木克彦,今泉祐治,島田昌一
ヒト上皮型チャ ネルサ ブユニットのpH感受性
第76回日本薬理学会年会.2004年3月10日(大阪).

大矢 進,伊藤克倫,加藤香織,村木克彦,今泉祐治
テストステロンによる早期不活性化チャネル発現制御
日本薬学会第124年会.2004年3月29日(大阪).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
樹脂酸による電位依存性チャネルの活性化とその機構
日本薬学会第124年会.2004年3月29日(大阪).

森村浩三,山村寿男,村上 学,大矢 進,村木克彦,布木和夫,柳澤輝行,今泉祐治
電位依存性チャネル3サブユニット欠損マウス膀胱平滑筋におけるイオンチャネル発現 変化と平滑筋興奮性についての検討
日本薬学会第124年会.2004年3月29日(大阪).

Yuji Imaizumi【招待講演】
Novel drugs acting on -activated channels in excitable and non-excitable cells
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 5. 31. (Kyoto, Japan).

Daiju Yamazaki, Mineyoshi Aoyama, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kiyofumi Asai, Yuji Imaizumi
Roles of channels in t-BBEC 117, an immortalized cell lines derived from bovine brain endothelial cells
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 5. 31. (Kyoto, Japan).

Kazuho Sakamoto, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Pimaric acid enhances delayed rectifier type voltage-gated channel activity
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 5. 31. (Kyoto, Japan).

Takashi Morimoto, Susumu Ohya, Hidetoshi Hayashi, Kikuo Onozaki, Yuji Imaizumi
Cell cycle dependent expression of small-conductance -activated channel (SK2) in Jurkat T-lymphocytes
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 5. 31. (Kyoto, Japan).

Susumu Ohya, Katsunori Ito, Kaori Kato, Katsuhiko Muraki, Yuji Imaizumi
Hormonal regulation of A-type channel expression in rat vas deferens
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 6. 1. (Kyoto, Japan).

Kozo Morimura, Hisao Yamamura, Manabu Murakami, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Kazuo Nunoki, Teruyuki Yanagisawa, Yuji Imaizumi
Modulation of excitation-contraction coupling in urinary bladder smooth muscle from voltage dependent channel 3 subunit deficient mouse
Pharmaceutical Sciences World Congress (PSWC2004). 2004. 6. 2. (Kyoto, Japan).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
ジクロロデヒドロアビエチン酸による心筋ミトコンドリア活性化チャ ネル開口作用の検討
第105回日本薬理学会近畿部会.2004年6月18日(徳島).

森村浩三,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
脱分極刺激時のマウス膀胱平滑筋における細胞内動態の解析
日本薬学会東海支部会例会.2004年7月3日(名古屋).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮不死化細胞(t-BBEC 117)における過分極応答性新規メカニズムの解明
日本薬学会東海支部会例会.2004年7月3日(名古屋).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
樹脂由来大コンダクタンス活性化チャネル開口薬の発見と創薬への応用
日本薬学会東海支部会例会.2004年7月3日(名古屋).

大矢 進,伊藤克倫,加藤香織,村木克彦,今泉祐治
男性ホルモンによる早期不活性化チャネル発現制御
第46回日本平滑筋学会総会.2004年7月10日(東京).

森村浩三,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
マウス膀胱平滑筋における興奮収縮連関についての検討
第46回日本平滑筋学会総会.2004年7月10日(東京).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
12,14-ジクロロデヒドロアビエチン酸による心筋ミトコンドリア活性化チャ ネル開口作用の検討
生体機能と創薬シンポジウム2004.2004年9月11日(名古屋).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
過剰ATP による脳血管内皮細胞死の機序におけるチャネル制御の役割
生体機能と創薬シンポジウム2004.2004年9月11日(名古屋).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
樹脂酸による電位依存性チャネル活性化とその機構
Neuro2004.2004年9月22日(大阪).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮不死化細胞(t-BBEC 117)におけるプリン受容体活性化による過分極応答の新規メカニズム
Neuro2004.2004年9月23日(大阪).

Yuji Imaizumi, Kazuho Sakamoto, Susumu Ohya, Katsuhiko Muraki, Tomohiko Ohwada
Cardio-protective effects of a novel activator for large conductance -activated channels in mitochondria
Assays & Cellular Targets (ACT). 2004. 10. 18. (San Diego, USA).

山崎大樹,喜吉英和,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
ラット大動脈平滑筋細胞におけるTASKチャネルの機能的役割
第106回日本薬理学会近畿部会.2004年11月5日(京都).

山崎大樹,青山峰芳,大矢 進,村木克彦,浅井清文,今泉祐治
脳血管内皮細胞における応答の新たな増幅機構の解明とその生理機能解析
ファーマ・バイオフォーラム2004.2004年11月7日(東京).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,大和田智彦,今泉祐治
新規活 性化チャ ネル開口薬は虚血心筋保護作用を有するか?
ファーマ・バイオフォーラム2004.2004年11月7日(東京).

坂本多穂,大矢 進,村木克彦,今泉祐治
樹脂酸による電位依存性チャネル活性化とその機構
第14回循環薬理学会.2004年11月26日(静岡).