名古屋市立大学大学院薬学研究科・薬学部English

更新情報

アルバムを更新しました。NEW
有機反応化学IV小テストの問題記録を更新しました。NEW
有機反応化学IV小テストの問題記録を更新しました。
卒業生進路を更新しました。
メンバーを更新しました。
有機反応化学IV小テストの問題記録を更新しました。
有機反応化学IV小テストの問題記録を更新しました。
研究概要を更新しました。CARM1のプローブに関する研究概要を掲載しました。
アルバムを更新しました。薬化学教室卒業式を行いました。※換気に十分気を付けて行いました。
アルバムを更新しました。追いコンを行いました。
アルバムを更新しました。生命薬科学科卒業発表を行いました。
研究業績を更新しました。J. Clin. Biochem. Nutr.にLSD活性プローブに関する論文が受理されました!
アルバムを更新しました。新年会を行いました。
過去の更新履歴はこちら

最新の研究内容

CARM1

Protease-coupled methodを利用したFRET型CARM1活性検出プローブの開発

NEW!!

CARM1はPRMTs (Protein Arginine Methyltransferases) ファミリーに属し、タンパク質中のアルギニン残基の非対称的なジメチル化を触媒する酵素です。

ENPP1

トリプルネガティブ乳がんの予後を診断できるENPP1蛍光プローブの開発

生物は酵素反応を巧みに利用することとで生体の恒常性を維持していますが、異常な酵素反応は様々な疾患の発症に繋がることが知られています。

SIRT6

脱アシル化活性に着目したSIRT6活性検出プローブの開発

生命活動は様々な遺伝子の働きによって行われています。遺伝子発現の調節は遺伝子配列に組込まれた調節の仕組み以外に、タンパク質やDNAの化学修飾によって調節を受ける仕組みがあり...



当研究室は、有機化学を基盤として、生理活性物質の合成、化学反応性の追求、活性発現機構の解明などを目指して研究を行っています。詳しくは、研究内容をご覧下さい。

大学院生募集

薬化学分野では大学院生を募集しています。
詳しくは、薬学研究科トップページから、大学院入試情報を参照してください。

↑ PAGE TOP