2019年7月12日

以下の論文が発表されました。

Misato Ota, Junko Nakazakia, Yoshiaki Tabuch, Takahiko Ono, Toshiaki Makino
Historical and pharmacological studies on rehmannia root processing – Trends in usage and comparison of the immunostimulatory effects of its products with or without steam processing and pretreatment with liquor
Journal of Ethnopharmacology 32: 157-161 (2019) [Elsevier]

2019年6月18日

以下の論文が発表されました。

Zeynep Doğan, Kan’ichiro Ishiuchi, Toshiaki Makino, İclal Saraçoğlu
New acylated iridoid glucosides from Scutellaria glaphyrostachys Rech.f. and chemotaxonomic importance for the genus Scutellaria
Phytochemistry Letters 242: 112059 (2019) [Elsevier]

2019年6月12日

以下の発明が特許登録されました。

登録日:令和元年5月24日
特許番号:特許第6528238号
名称:小胞体ストレスによる細胞死抑制剤、小胞体ストレス制御剤、および該制御剤を有効成分とする予防・治療剤
発明人:小菅康弘、飯島洋、石内勘一郎、北中進、石毛久美子、伊藤芳久、蒋文君
特許権者:日本大学

2019年5月20日

以下の論文が発表されました。

Masaaki Minami, Hiroshi Takase, Masayo Taira, Toshiaki Makino
In vitro effect of the traditional medicine Hainosan (Painongsan) on Porphyromonas gingivalis
Medicines 2019: 58 (2019) [MDPI]

2019年5月10~11日

薬草園の市民公開講座が開催されました。

両日で約150名の方にご参加いただき、

盛況に終わりました。

2019年5月10日

歓迎会を行いました



2019年4月25日

以下の論文が発表されました。

Zeynep Doğan, Kan’ichiro Ishiuchi, Toshiaki Makino, İclal Saraçoğlu
Alpha-pyrone glycosides from Scutellaria salviifolia Benth
Turkish Journal of Chemistry 43(3): 972-981 (2019) [Tubitak]

2019年4月20日

以下の論文が発表されました。

Masaaki Minami, Hiroshi Takase, Mineo Nakamura, Toshiaki Makino
Methanol extract of Lonicera caerulea var. emphyllocalyx fruit has antibacterial and anti-biofilm activity against Streptococcus pyogenes in vitro
BioScience Trends 13(2): 145-151 (2019) [IRCA-BSSA]

Vahap Murat Kutluay, Kan'ichiro Ishiuchi, Toshiaki Makino, Iclal Saracoglu
Cytotoxic phenylethanoid glycosides from Digitalis davisiana Heywood: Evaluation of structure activity relationships and chemotaxonomical significance of isolated compounds
Fitoterapia 135: 90-98 (2019) [Elsevier]

2019年4月8日

以下の論文が発表されました。

Yohei Tanimura, Masato Yoshida, Kan'ichiro Ishiuchi, Masahiro Ohsawa, Toshiaki Makino
Neoline is the active ingredient of processed aconite root against murine peripheral neuropathic pain model, and its pharmacokinetics in rats
Journal of Ethnopharmacology 241: 111859 (2019) [Elsevier][プレスリリース]

2019年4月4日

以下の論文が発表されました。

Masaaki Minami, Hiroshi Takase, Masayo Taira, Toshiaki Makino
Hainosan (painongsan) suppresses the biofilm formation of Porphyromonas gingivalis and Prevotella intermedia in vitro
Traditional Kampo Medicine 2019: 1797930 (2019)[Wiley]

 

2018年度のトピックス
2017年度のトピックス
2016年度のトピックス
2015年度のトピックス
2014年度のトピックス
2013年度のトピックス
2012年度のトピックス
2011年度のトピックス
2010年度のトピックス


生薬学トップページに戻る
薬学部トップページに戻る