名古屋市立大学大学院薬学研究科 分子生物薬学分野

更新情報・お知らせ (スクロール可)

2021/04/05
薬学科4年生が新たに加わりました (→メンバー)NEW
2021/03/04
卒業お祝い@ラボ (→フォトギャラリー) NEW
2021/03/04
修論発表会でM2が研究発表しました (→フォトギャラリー)NEW
2021/02/10
私たちの論文「Protrudin and PDZD8 contribute to neuronal integrity by promoting lipid extraction required for endosome maturation」が、Nature CommunicationsのEditors’ Highlightsに選ばれました!NEW
From molecules and cells to organisms, Featured articles
DOI: 10.1038/s41467-020-18413-9
2020/12/15
白根の総説「Lipid Transfer–Dependent Endosome Maturation Mediated by Protrudin and PDZD8 in Neurons」が、Frontiers in Cell and Developmental Biologyに掲載されました!
DOI: 10.3389/fcell.2020.615600
2020/12/03
分子生物学会で白根がワークショップ「Organelle communication and neuronal homeostasis(オルガネラコミュニケーションと神経の恒常性)」をオーガナイズし、講演しました
2020/11/15
卒業研究発表会でB6が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2020/11/10
私たちの論文「Protrudin-deficient mice manifest depression-like behavior with abnormalities in activity, attention, and cued fear-conditioning」が、Molecular Brainに掲載されました!
DOI: 10.1186/s13041-020-00693-3
2020/10/05
生命薬科学科3年生が新たに加わりました (→メンバー)
2020/09/15
生化学会で院生が研究発表し、森田さんと和田さんが若手優秀発表賞を受賞しました! (→フォトギャラリー)
2020/09/14
生化学会で白根がシンポジウム「神経系におけるオルガネラコミュニケーションとダイナミクス」をオーガナイズし、講演しました
2020/09/11
私たちの論文「Protrudin and PDZD8 contribute to neuronal integrity by promoting lipid extraction required for endosome maturation」が、Nature Communicationsに掲載されました!
DOI: 10.1038/s41467-020-18413-9
プレスリリース「脂質を介する神経細胞の健常性維持のメカニズムを解明」
2020/08/08
オープンキャンパスで白根が模擬講義を行いました
新型コロナウイルスの薬の開発
2020/04/06
薬学科4年生が新たに加わりました (→メンバー、フォトギャラリー)
2020/04/01
新学術領域研究「オルガネラゾーン」に私たちの研究課題が採択されました
細胞機能を司るオルガネラ・ゾーンの解読
膜構造制御によるオルガネラ連携ゾーン形成と神経軸索変性症との関連
2020/03/18
卒業お祝い@ラボ (→フォトギャラリー)
2020/03/10
中部経済新聞「研究現場発」で私たちの研究が紹介されました
細胞内オルガネラの制御と神経変性疾患
2019/11/23
卒業研究発表会でB6が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/11/10
薬学会東海支部合同学術大会でB5が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/11/01
ソフトボール大会 & BBQ (→フォトギャラリー)
2019/10/20
薬学祭 (→フォトギャラリー)
2019/09/24
生命薬科学科3年生が新たに加わりました (→メンバー)
2019/09/18
生化学会大会で白根がシンポジウム「オルガネラ間コミュニケーションの新知見」をオーガナイズし講演しました。B4が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/09/07
次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2019でM1が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/09/02
栗原先生が助教に着任しました (→メンバー)
2019/08
白根のレビューが公開されました (PJAB, doi: 10.2183/pjab.95.023.)
Roles of protrudin at interorganelle membrane contact sites
2019/08/23
研究室旅行で伊勢志摩に行きました (→フォトギャラリー)
2019/07/06
薬学会東海支部大会でB6が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/05/25
生化学会中部支部例会でM1が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/05/10
生命薬科学科4年生の和田さんが瑞秀賞を受賞しました(成績優秀者表彰、2年連続!)(→フォトギャラリー)
2019/04/08
薬学科4年生が新たに加わりました (→メンバー、フォトギャラリー)
2019/03/25
卒業式 (→フォトギャラリー)
2019/03/21
助教を募集します (→公募終了しました 2019/05/31)
2019/03/20
追いコン (→フォトギャラリー)
2019/03/19
The 16th International Membrane Research Forumで白根が講演しました
2019/03/07
修論発表会でM2が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2019/02/27
2019 EWU-NCU joint symposiumで白根が講演しました
2018/12/24
研究活動>研究内容 を更新しました。
2018/12/21
忘年会
2018/11/30
分子生物学会年会に参加し、B4が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2018/11/11
卒業研究発表会でB6が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2018/11/04
薬学会東海支部合同学術大会に参加し、B6、B5が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2018/10/26
新歓 (→フォトギャラリー)
2018/10/26
ハロウィーン@微生物薬品学I (→フォトギャラリー)
2018/10/25
「生化学」誌に白根研の紹介が掲載されました
「生化学」誌90巻5号「北から南から」
2018/10/20
薬学祭 (→フォトギャラリー)
2018/10/15
ソフトボール大会 (→フォトギャラリー)
2018/10/14
名古屋市立大学薬学部卒後教育講座で白根が講演しました
2018/09/25
生命薬科学科3年生が新たに配属されました (→メンバー)
2018/09/24
生化学会大会で中津海講師が研究発表しました
2018/09/01
次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2018(薬学会・生物系薬学部会)で喜多助教が研究発表しました
2018/08/03
納涼会 (→フォトギャラリー)
2018/07/11
東海薬剤師生涯学習センター講座で白根が講演しました
平成30年度東海薬剤師生涯学習センター講座
2018/07/01
中津海助教が講師に昇任しました
2018/06/30
薬学会東海支部大会でB6が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2018/06/24
BBQ (→フォトギャラリー)
2018/05-06
微生物学実習 (→フォトギャラリー)
2018/05/18
中津海助教の論文「Nuclear-cytoplasmic shuttling protein PP2AB56 contributes to mTORC1-dependent dephosphorylation of FOXK1」がGenes to Cellsにアクセプトされました
2018/04/13
薬学科4年生が新たに配属されました (→フォトギャラリー)
2018/04/06
喜多助教の論文「The autism-related protein CHD8 cooperates with C/EBPβ to regulate adipogenesis」がCell Reportsにアクセプトされました
2018/04/01
中津海先生と喜多先生が助教に着任しました (→フォトギャラリー)
2018/03/26
卒業式 (→フォトギャラリー)
2018/03/17
白根グループの論文「TMEM55B contributes to lysosomal homeostasis and amino acid–induced mTORC1 activation」がGenes to Cellsにアクセプトされました
2018/03
長田先生、西塚先生 ご栄転お祝い (→フォトギャラリー)
2018/03/16
追いコン (→フォトギャラリー)
2018/03/12
修論発表会でM2が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2017/12/08
ConBio2017(分子生物学会)に参加・発表しました (→フォトギャラリー)
2017/11/23
卒業研究発表会で薬学科6年生が研究発表しました (→フォトギャラリー)
2017/11/5
市民公開講座で白根が講演しました
平成29年度市民公開講座
2017/10/27
薬キャン・ハロウィン@微生物薬品学I (→フォトギャラリー)
2017/10/21
薬学祭 (→フォトギャラリー)
2017/09/26
生命薬科学科3年生が新たに配属されました (→フォトギャラリー)
2017/09/02
薬学会衛生部会フォーラムでM1とB6が発表しました
2017/09/02
名古屋市科学館のサイエンスパートナーシップイベントで白根が講演しました
科学館イベント(2017年)
2017/08/25
研究室旅行で飛騨高山に行きました
2017/07/17
研究活動>研究内容を更新しました
2017/06/24
Neuroscience NCU meetingで白根が講演しました
Neuro NCU meeting(2017年)
2017/05/01
ホームページを開設しました
2017/05/01
白根が分子生物薬学分野教授に着任しました

分子生物薬学ホームページへようこそ!

ごあいさつ

分子生物薬学分野のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。私は2017年5月1日より、本学、名古屋市立大学大学院薬学研究科に着任しました。

私は神経細胞内のオルガネラの制御機構の研究を行っています。基礎的な細胞生物学研究や神経科学研究が中心ですが、それらに基づく神経疾患・精神疾患の発症機構についても研究を展開しており、それらの病態の理解や克服に繋がることを目指しています。
(詳細は研究内容をご覧ください。)

また、若い学生や大学院生が未来の科学を担うリーダー的存在に育つよう、教育や研究者育成にも努めてまいります。

今後ともご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年5月1日
名古屋市立大学大学院薬学研究科 分子生物薬学分野
教授 白根 道子

プロフィール

1990年 大阪大学理学部生物学科 卒業。1999年 PhD取得(東京大学薬学部)。1990年(株)日本ロシュ鎌倉研究所(後、中外製薬)研究員、1998年 科学技術振興機構 研究員、2000年 日本学術振興会 特別研究員、2003年 科学技術振興機構 さきがけ研究者、2004年 九州大学 生体防御医学研究所 助手、2006年 同助教授、2007年 同准教授。2017年より現職。

2009年度 日本学術振興会賞 受賞。

2006年に現在の研究テーマ、神経で働く新規タンパク質・プロトルーディンを発見し、科学専門誌サイエンス誌に発表。以来、神経細胞内の輸送機構と神経疾患を中心に研究を展開している。

講義・実習担当

微生物薬品学 、細胞生物学、臨床薬学・抗悪性腫瘍薬、分子生物薬学特論、生物系実習、オムニバス