名古屋市立大学薬学部薬学科 臨床薬学教育研究センター
名古屋市立大学大学院薬学研究科 臨床薬学分野


News

■第30回 日本薬物動態学会(2015)ベストポスター賞ファイナリスト
Nao Kodama,Takahiro Iwao,Tomoki Kabeya,Katsunori Nakamura,Tamihide Matsunaga:『ヒト人工多能性幹細胞から分化誘導しtた腸管上皮細胞様細胞の薬物動態学的特性解析』

■第30回 日本薬物動態学会(2015)ベストポスター賞ファイナリスト
Tomoki Kabeya,Takahiro Iwao,Nao Kodama,Katsunori Nakamura,Tamihide Matsunaga:『ヒト人工多能性幹細胞の腸管への分化に対する低分子化合物の有用性』

■Gillette Best Paper Award
takenaka T,Harada N,Kuze J,Chiba M,Iwao T,MatsunagaT:『Human small intestinal epithelial cells differentiated from adult intestinal stem cells as a novel system for predicting oral drug absorption in humans.』

■医療薬学会論文賞(平成27年度論文賞)
佐々木崇光、熊谷健、佐々木瞳、稲見敬太、佐藤祐、高橋昌悟、松永民秀、頭金正博、細川正清、大森栄、永田清:『調剤薬局来局者を対象とした健康食品の使用実態調査とその情報に基づいたCYP2D6活性阻害評価』

■医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム優秀ポスター賞
宮野百合香、大手万理子、佐藤大介、前田徹、中村克徳、松永民秀:『糖尿病Ib 型患者由来 iPS 細胞を用いた好中球モデルにおける PKC を介した NOX2 活性化機序の解明』

■第134回 日本薬学会(2014) 優秀発表賞
大手万理子:『糖原病 Ib 型患者由来 iPS 細胞を用いた好中球モデルにおける PKC を介した NOX2 活性化機序の解明』

■第28回 日本薬物動態学会(2013)ベストポスター賞
Toru Takenaka,Naomoto Harada,Jiro Kuze,Masato Chiba,Tamihide Matsunaga:『成体小腸肝細胞より分化させたヒト小腸上皮細胞を用いた新規経口吸収評価システムの構築』

■第27回 日本薬物動態学会(2012)ベストポスター賞
岩尾岳洋、中村克徳、永田清、松永民秀:『ぺプチド輸送機能を有するヒトiPS細胞由来腸管細胞の作製』

■第27回 日本薬物動態学会(2012)ベストポスター賞
近藤祐樹、岩尾岳洋、吉橋幸美、三森佳代、杉山留理、佐々木崇光、永田清、黒瀬光一、丹羽卓朗、山折大、大森栄、中村克徳、松永民秀:『低分子化合物はヒト人工多能性幹細胞から肝細胞への分化を促進する』

Contact

住所:〒467-8603名古屋市瑞穂区田辺通3-1
   名古屋市立大学田辺通キャンパス研究棟南棟2階D221

松永民秀:tmatsu@phar.nagoya-cu.ac.jp 電話/052-836-3751

鈴木匡:t-suzuki@phar.nagoya-cu.ac.jp 電話/052-836-3616
※E-mailの@は半角にしてください

Home