東海薬学教育コンソーシアム

優れた薬剤師を輩出できることを目指していきます。

平成20年度に、文部科学省「戦略的大学連携支援事業」へ採択された「6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携」は、平成23年3月をもち終了いたしました。しかし、これまでの成果を基盤に、今後も東海4県の薬系7大学を中心に連携体制を維持することとなりました。今後は、22年度までの各部会などにおける人的交流(大学・県薬剤師会・県病院薬剤師会など)の成果および構築した各種システムが有効利用されて、地域全体として薬学教育水準を高め、優れた薬剤師を輩出できることを目指していきます。


平成23年度からの取組内容はこちら


平成20年度から平成22年度までの活動内容はこちら



関連システム

戦略的大学連携FDフォーラムTOKAI
戦略連携FDフォーラムTOKAI
東海地区の薬学教育に携わる先生方のためのFD(Faculty Development)に関する情報提供や意見の交換を行うためのWebサイト
教員FD実施部会による構築)

薬学連携システムEducational Cooperat1ion System
薬学連携システム(Educational Cooperation System)
<症例データベースシステム>
課題解決型学習 (PBL:Problem-based Learning)における症例を共同利用するためのシステム
PBL(臨床課題解決型学習)部会による構築)
<臨床卒業研究システム >
連携大学医学部附属病院が臨床卒業研究の場、研究課題についての情報をWebシステムへ提供し、この情報と各薬系大学の学生・教員から出された希望に基づいてマッチングを行うシステム
臨床卒業研究実施部会による構築)

実務実習指導・管理システム
実務実習指導・管理システム
実習中の指導薬剤師、実習学生および大学の担当指導教員がネットワーク上で問題について議論し、解決していくことが可能なシステム
(平成22年度までの「6年制薬学教育総合連携」実務実習実施部会<第4部会>で構築したシステム)

事務局からのお知らせ

  • 平成25年6月7日:ホームページを更新いたしました。

連携参加大学

お問い合せ先のご案内

東海臨床薬学教育連携センター
名古屋市立大学大学院薬学研究科内
〒467-8603  名古屋市瑞穂区田辺通3-1
[電話番号&FAX]  052-836-3615(9時~16時)
[E-mail]  tocenter@phar.nagoya-cu.ac.jp
注)メールアドレスの@は画像ファイルを使用しています。宛先入力の際は半角文字の" @ "に変換、入力して下さい 。
ページの上部へ